ロゴ
>トピックス>年末調整で困ったら!税理士へ相談してみよう

年末調整で困ったら!税理士へ相談してみよう

計算

年末調整は年度末に企業が1~12月までの従業員の給与から、所得税を計算して前もって給与から徴収していた源泉徴収額との差額から精算していきます。年末調整は会社の雇用主が処理をしているイメージがありますが、大変手間がスタッフだけでは処理できない場合には税理士に代行してもらう場合もあります。従業員多いほど雇用主の処理件数が増えてしまいます。税理士は雇用主に変わって年末調整に関わる書類の作成や金額の計算などの業務を代行することができます。経理担当者も担当することができますが、担当者がいない場合や初めて人を雇った事業主は年末調整手続きが遅れがちです。期日以内に処理が終わらないと延滞税など化されてしまう可能性があるため処理は早めに行うようにします。税理士に依頼をすると申請もスムーズに行うことができ正確な書類ができあがり、雇用主の手間も省くことができます。

年末は多くの企業が忙しくなる時期です。企業によっては通常の月よりも忙しくなることもあります。事業規模が大きい会社では担当者が業務を事業主に代わって行いますが、中小企業の場合には少ない人数、雇用主自ら処理を行う場合もあります。税理士事務所に年末調整を任せるメリットは正確に申告をすることができ、作業にかける時間も大幅に節約することができます。年末調整に使うはずの時間が、他の時間に使うことができます。費用がかかっても依頼したほうが結果は得になる可能性もあります。年末調整は源泉徴収票や保険料控除申告書などさまざまな書類が必要です。税理士は税金の知識や年末調整の知識が豊富です。自分達が処理を行うよりもスピーディーに処理を終わらせてくれます。確実性もあるため安心して任せることができます。

電卓を持つ女性